スポンサーリンク

 

 

前回の記事に引き続いてのふるさと納税ネタです。

 

昨年末にふるさと納税した5万円のうち、2万円は前回の記事にあるとおりA4以上山形牛にしました。

 

そして、残りの3万円は、生活必需品にということで、米60kgを選びました。

 

 

贅沢品もいいですが、やはり節約のことを考えれば地味ではありますが生活必需品です。

 

ということで、寄付した自治体は前回と同じ山形県舟形町!
ですので、今回は5万円を同じ自治体に寄付したということです。

 

ちなみに、決め手になったのはふるさとチョイス!

 

 

新米の精米された「はえぬき(縄文の女神米)60kg」!
寄付額30,000円!!

 

市販の米の一般的なもので10kg3,000円~4,000円くらいしますよね。
例えば10kg3,500円として60kgで21,000円。
舟形町のこの米は30,000円の寄付で60kgもらえるから~~。

 

還元率!!

 

親切なことに、この米20kg(10kg×2袋)を3回に分けて発送してくれますし、発送を1カ月間隔、2カ月間隔より選ぶことができます。
もちろん60kgを1回で発送してもらうことも可能です。

 

上の画像は今年のものなのでありませんが、昨年は「つや姫450g」がおまけで付いていました。

 

ちなみに「はえぬき」という種類の米はあまり耳にしたことはありませんが、ウィキペディアで調べてみると以下のように書かれています。

 

 

日本穀物検定協会が認定する食味ランキングにおいて山形内陸産はえぬきが14年連続、山形庄内産はえぬきが12年連続で特Aを認定されたことからもわかるように、味ではブランド米の魚沼産コシヒカリに全くひけをとらないが、山形県外での作付けがほとんどないため、味のわりに知名度が低く比較的安価で取引されている。冷めても味が落ちにくいことから、おにぎりや弁当用の炊飯米として向いているため弁当業者やコンビニエンスストアからの業務用米としての需要が高く、特にセブン-イレブンのおにぎりの多くに使われているのが山形県産はえぬきであると言われている。

 

なかなか期待値の上がるようなことが書かれています。

 

昨年12月頃に寄付をして、約2カ月。いよいよ舟形町より発送の連絡が来ました。

そしてそして、1月下旬、届きました!!

 

はえぬき(縄文の女神米)10kg×2袋とつや姫450g!!

でっかい箱で届きましたよー。

 

我が家の米の消費量は1カ月だいたい10kg。
ちょうど米が切れそうなタイミングでしたし、次回は3月下旬の予定。

 

舟形町のふるさと納税、まさにうちのために設定してくれているような(笑)

 

写メはありませんが、もちろん味もよかったですよー。
つやつやでもちもちで毎日おいしいお米をいただいてます!

 

そして、おまけでついてきた「つや姫」。はっき言って激ウマです!!

普段なかなか米を食べない息子が茶碗3杯分おかわりしてました(笑)

でも、ホントにおいしいんです!!高い分だけあって「はえぬき」より一段上のレベルですね!!

 

 

 

 

ところで、最近になってある一通のメールが。。

 

舟形町からです。

 

 

寄付者各位

日頃から心温まるご寄付をいただき誠にありがとうございます。

舟形町は、山形県の北東部に位置し、東西に細長い地形です。町の中央を清流小国川が流れ、田畑を潤しながら山形県の母なる川・最上川へと合流します。
春から秋にかけては、山や川の恵みにあふれ、また、冬は町全体が雪に覆われ大地にひとときの休息を与えます。水・土・雪・太陽の光が育む肥沃な大地で育てられた農産物は格別です。 特にお米は平成27年度「ふるさと納税」の返礼品として送付したお米の量が全国1位となりました。平成29年産「はえぬき」では舟形町の農家が山形県(最上地域)の主催する食味コンクールで最優秀賞を受賞し、舟形町のお米はやはりおいしいのだと確信したところです。 しかし、「はえぬき」につきましては、ご注文に対する量を確保できず品切れの期間もあり、楽しみにされている方々には大変申し訳なく感じているところでもございます。

清流小国川は、田畑を潤すだけでなく香り高い鮎をも育て、その鮎を求めて全国から多くの釣り人が訪れます。その小国川のほとりから約4,500年前の土偶、国宝「縄文の女神」が出土しました。 その時代からこの川は、我々の先人たちの豊かな生活を育んできた大切な財産であります。こうした豊かな環境をこれからも守ってまいりたいと思います。

さて、この度メールさせていただきましたのは、「ふるさと納税」という制度を活用し、寄付をいただいた際には寄付金額の半額相当を「特産品やポイント」としてご提供しておりましたが、国の目指すふるさと納税制度の健全な発展に寄与するため、平成30年3月16日から返礼割合を概ね3割以内とさせていただきます。 返礼品で特に人気のあるお米「はえぬき」・「さくらんぼ」につきましては、平成30年産の予約を「ふるさとチョイス」というサイトで開始しました。是非、お早めにご検討いただければと思います。(予定数量に達し次第、受付を終了させていただきます。) 返礼割合変更後におきましても、これまでと同様、皆様に応援していただけるよう、努力してまいりますので、変わらぬご支援をお願い申し上げます。

※平成30年3月15日以前にご入金をいただきました方には「寄付金額の半額相当」の特産品等を送付いたします。
※平成30年3月16日以後にお申込・ご入金をいただきました方につきましては、「寄付金額の3割」の特 産品等を送付いたします。
※クレジットカード決済は、決済日をもって手続させていただきます。
※お問合せの多い事項について
★ポイントの発行はどのようになるのか
⇒ 例  3月15日まで  寄付金額 10,000円 → 5,000ポイント
3月16日から  寄付金額 10,000円 → 3,000ポイント
★3月16日以降ポイントを利用して「はえぬき60kg」を注文するとした場合、現在の15,000ポイントで注文できるのか
⇒ 米価が上昇していることもあり3月16日以降、15,000pで60kgの発送はできないと考えております。
また、現在行っている事前予約で予定数量に達した場合、3月16日以降掲載しない場合もございますので、お早目にご検討ください。

 

という残念な内容。。

もちろん私は期限前に再度舟形町にふるさと納税するつもりです!!

 

 

前回の記事のA4ランク以上山形牛とともに、断然おすすめできるふるさと納税です!!
検討される方はお早めにご決断を☆

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう