お客様は神様☆ではない!!!
「お客様は神様です」

 

この言葉は、昭和を代表する歌手の一人である三波春夫さんが自身のステージ上で、司会との掛け合いMCの中で生まれた言葉だそうです。

 

この言葉について三波春夫さんについてのウィキペディアでは以下のように説明されています。

「舞台に立つときは敬虔な心で神に手を合わせた時と同様に心を昇華しなければ、真実の芸はできない」「いかに大衆の心を掴む努力をしなければいけないか、お客様をいかに喜ばせなければいけないかを考えていなくてはなりません。お金を払い、楽しみを求めて、ご入場なさるお客様に、その代償を持ち帰っていただかなければならない。」「お客様は、その意味で、絶対者の集まりなのです。天と地との間に、絶対者と呼べるもの、それは『神』であると私は教えられている。」と、自身の芸と観客との関係について、自著で述べている。 ~中略~ 三波側では、以前からこのフレーズの“真意とは違う”使われ方を「歓迎出来た話ではない」としながらも静観していたが、オフィシャルサイトに『「お客様は神様です」について』のタイトルでコラムを掲載、「例えば買い物客が『お金を払う客なんだからもっと丁寧にしなさいよ。お客様は神様でしょ?』と、いう感じ。店員さんは『お客様は神様です、って言うからって、お客は何をしたって良いっていうんですか?』という具合」と具体的な例を挙げた上で、三波が言っていた「お客様」とは商店や飲食店などの客ではなく、聴衆・オーディエンスであり、「この言葉を盾に悪態をつく客(クレーマー)は『様』を付けて呼んで貰えるような人たちではないと思います」と解説している。

 

さらに、パナソニックを一代で築き上げ、経営の神様と言われる松下幸之助さんが、自身の著書のなかで「お客様は王様」と述べているそうですが、これはについては

 

「国を守る王様の言うことを、ごもっともとばかり言って従っていると、間違ったこともそのとおり行うことになり、国にとって良くない。むしろ、たまには王様に苦言を言い、気付いてもらうことで、良い国づくりができる」

 

というのが言葉の本質だそうです。

 

この記事で何を伝えたいのかというと、以上の言葉の、いわば言葉尻だけを取ったかのように本当に「お客様は神様」だと勘違いしている人が多すぎる!!ということ。

 

飲食店に行くと店員に対する態度がいきなり大きくなってしまう大バカ者。

 

客の言うことは絶対だ!!と思っている大バカ者。

 

声を大きく自分の主張をすればそれが通ってしまうと思っている大バカ者。

 

しかも!しかも!!学校でさえもいわゆるモンスターペアレントなるバカ親が出来の悪い子供のためにクレーマーになるという、なんとも情けない始末。

 

 

世も末なのかな。

 

 

こんな状況が続くとそう思ってしまう今日この頃です。

 

とにかく!!

客も人間ならば対応する側も人間。
同じ人間なんだからゆるくてもいいのでは??

 

何も適当でいいと言っているわけではなく、お金さえ払えば何でも許されるわけじゃないし、同じ人間として何かをしてもらうのであれば、日本古来の礼儀として、お金を払っていようが関係なく、そこには「ありがとう」という気持ちと言葉があってもいいのではないかと思います。

 

そうすることで、サービスを提供する側も気持ちよく丁寧なサービスが出来るのではないでしょうか。

 

もちろん礼儀正しい人もたくさんいます。

 

クレーマーなるものは、一部の人間だということもわかっていますが、今や何かあればSNSなどですぐに拡散されてしまい、それを面白がる人間がいて、またそれを恐れる企業や公共機関がある。

 

いいんじゃないですか。もっとゆるくても。

 

週刊〇春の不倫報道でもそう。いくつもの不倫を取り上げて、それを面白がる読者がいるから次から次へと・・・。

 

そして最後には呆れられてしまうというね。

 

それが結末。

世の中が窮屈で、しかも、苦しい生活を強いられているから他人の不幸が蜜の味になってしまっているんじゃないでしょうか!!

 

もっとゆるく気楽に生きましょうよ!!

 

 

あぁ、ちなみに私は接客業をやっているわけではないので、仕事のグチを書いているわけではありませんよ。

 

ただただ世の中の不条理さを!!

 

 

 

関連記事
記事の掲載依頼

ブログ『福岡県人』にて無料で記事の掲載依頼をお受け致します。

各種イベントの告知や新商品の案内、お店のPRなどに使ってみられませんか!

 

掲載を希望する方は下部ボタンをクリック!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう