スポンサーリンク

 

「蘇る戦慄の恐怖、あのトンネルの先の都市伝説、ふたたび」

 

2012年、4万人以上の来場者を恐怖のどん底に叩き落した「最恐!天神ホラーハウス」が、充電期間を経て2018年、再び蘇ります。

 

最恐!天神ホラーハウスの概要

概要
  • 開催期間:2018年7月21日(土)~8月15日(水)
  • 定休日:期間中無休(26日間)
  • 時間:13時~20時(入場19時30分まで)
  • 会場:ソラリアステージ6階 西鉄ホール
  • 前売券:AコースorBコース 700円、A・Bセット券 1,300円
  • 当日券:AコースorBコース 800円、A・Bセット券 1,500円
  • チケット発売:ローソンチケット、チケットぴあ

あらすじ

連日の蒸し暑い夜。
涼しさを求めて山奥へドライブをしていた1組のカップルが行方不明になった。

 

ここは、とある山中。
人気もない不気味なトンネルの先にあるのは数々の恐ろしい噂の絶えない廃村。
二人はいつのまにかその村へ入ってしまったようだ。

 

薄暗い不気味なトンネルを抜けてしばらく進むとそこには乗り捨てられた1台の白い車。
よくみると 血にまみれている。
何かの事件に巻き込まれたのか?いったい何がここで起きたのか?

 

底知れぬ恐怖におののきながら警察に電話しようとするがここは携帯の電波も届かない山中だ。
道端の古い電話ボックスの公衆電話も壊れているようだ。
いやな予感がしてきたが道に迷ってしまった二人は、もうあとへは戻れない。

 

この廃村から出るには 前に進むしかない。

 

スポンサーリンク

コースの案内

入口のトンネルを抜けるとA コース・Bコースへとゲストは分かれ、それぞれのコースの入口の前でストーリーの説明を受ける。

Aコース 廃屋の向こうに

ある1組のカップルがこの廃村で行方不明になったという話はご存じでしょうか?
数々の恐ろしいウワサのある廃村です。
いまだに ここに住んでいるかもしれない村人たちがどこに潜んでいるかわかりません。
見つかれば 突然おそわれるかもしれません。
どうか 村人たちに見つからない様に脱出してください。

Bコース 診療所への道

ある1組のカップルがこの廃村で行方不明になったという話はご存じでしょうか?
私が知る限りのウワサでは 村人たちに見つかった外部からの人間はこの先にある診療所の中に閉じ込められ隔離されたその人たちは二度とそこから出られないらしい。
どうか村人たちに捕まらない様に脱出してください。

 

アクセス

 

福岡市中央区天神2-11-3 ソラリアステージ6F 

WEBサイト

「最恐!天神ホラーハウス こっちにおいで」の詳細につきましては、イベントのWEBサイトをご確認ください。

 

終わりにひとりごと

最恐!天神ホラーハウス こっちにおいで

・・・・・・・・・・・・。この記事書いてるだけで恐ろしくなってます。本気で・・・。

・・・・・もう何も書けないです。

bethune

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう