株式会社Be The Oneは、福岡・⼤牟⽥駅から程近くの歴史ある煉⽡造りの建物を再⽣し、⼈々が多様に集える場所『ROOTH2-3-3』を本日2018年8⽉24⽇(⾦)にグランドオープンしました。

 

「≒Roots of Thinking. <思い、考える、が根づく>」というコンセプトで、福岡県⼤牟⽥市の煉⽡造りの店舗から2018年8⽉24⽇にスタートする「ROOTH」。

どこかの国では⾒たことのあるような、⼈々で賑わう広場のような。

この国で、確実に失われつつある、そんな場所を取り戻していく。

 

■Place 「ROOTH」

第1号店となる「ROOTH2-3-3」は、⼤牟⽥駅から程近くの歴史ある煉⽡造りの建物を再⽣し、内・外装は壁⾯の⾚いレンガ、屋内の躯体も活かします。歴史的な記憶や空気感を引き出し、誰もが気軽に訪れ集うことができる。それがROOTHのスタイルです。

敢えて私達はカフェを名乗りません。 ⽇本の地⽅都市に在留や流⼊、国籍を問わず⽼若男⼥多くの⼈々が多様に集える場所を1つ1つ増やしていく。そして、その⼟地の歴史を繋いでいき、その⼟地の場所になる。ROOTHとは、このようにホスピタリティとコミュニケーションを軸にした、「場所」を提供するプロジェクトだからです。 なお、1号店「ROOTH2-3-3」は、所在地である福岡県⼤牟⽥市不知⽕町2-3-3に由来しています。

 

■Space

多様なお客様に、⾃⾝と場所を再認識していただけるように、炭鉱施設の煉⽡を再利⽤した新たな空間としてデザイン、再⽣しました。以下各スペースでお楽しみいただくだけではなく、⾒知らぬお客様同⼠でコミュニケーションを⽣むホスピタリティを提供します。

<新聞ライブラリー>

業界紙・広報紙・地⽅紙・個⼈紙など60紙にも及ぶさまざまな新聞を⾃由に読むことができます。読んでいる新聞の種類で何に興味があるかを想像し、そこから新たなコミュニケーションを⽣み出します。

<ギャラリー>

壁⾯を利⽤した地域⽂化を発信するためのギャラリーを設置しました。

写真や絵画などの作品展⽰ができ、企画展を実施。

地元から県内外で活動するアーティストを招き、地域と⽂化の交流を⽬指します。 通路壁⾯では⼤牟⽥の歴史を感じることのできる写真を常設展⽰し、戦後の⼤牟⽥を写したモノクロ写真、観光名所なども展⽰。

<BGM>

BGMにはあえてレコード、その⼟地の⾳、リズムをイメージして、⼤牟⽥の「今」を想像して選曲。 ⾳楽だけではなくジャケットを⾒ながら、お客様同⼠で話をしてもらいたいという想いです。

<コンシェルジュ>

店内を紹介して、お客様を繋ぎ、旅先案内⼈にもなるコンシェルジュが常駐。

 

■Food&Beverage

店内には昔懐かしのコーヒー⽜乳をブラッシュアップしたBLACK&WHITEを⽜乳瓶で提供。

コーヒー⾖のオリジナルブレンドには、ROOTHのコンセプトや⼤牟⽥の⼟地をイメージした⼒強い⾵味の⾖を使⽤しました。⾷事はバリエーション豊富なカラフルな15種類のドーナツと、ビーツソースで⾷べるホットドックで、いずれもニューヨークでヒントを得てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗情報

  • 店舗名 ︓ ROOTH2-3-3
  • 所在地 ︓ 〒836-0843 福岡県⼤牟⽥市不知⽕2-3-3
  • 営業時間 ︓ AM8:00〜PM19:00
  • 店休⽇ ︓ ⽔曜⽇
  • 駐⾞場 ︓ 8台
  • URL ︓ http://www.rooth1228.com
  • Instagram ︓ @rooth233
  • Facebook ︓ ROOTH233
  • アクセス ︓ JR⼤牟⽥駅から徒歩4分、⻄鉄⼤牟⽥駅から徒歩4分、九州⾃動⾞道南関インターから⾞で25分

 

 

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう