スポンサーリンク

未来につなぐ星野村チャリティー絵画展実行委員会は、2018年9月22日(土)~24日(月)の3日間、八女市星野村にある「星野村総合福祉センター そよかぜ」で現代国際巨匠絵画展~未来につなぐ星野村づくりをめざして~を開催します。

 

ピカソ、シャガール、ローランサン、東山魁夷、平山郁夫、中島千波などの絵画、版画など約50名の画家の100点以上の作品が一堂に展示されます。

 

また、学習障害を持つ英国人画家、マッケンジー・ソープ、ダウン症の書家、金澤翔子さんの作品も展示されます。

 

出展作品は購入することもでるということで、価格は5万円から2000万円前後となっています。

 

なお、3日間ともスペインの画家、ミゲール・ペイドロ・ベンゲル画伯が応援に駆けつけてられ、サイン会(3日間とも11時、14時、16時)も予定されています。

 

現代国際巨匠絵画展の概要

  • 日程 2018年9月22日(土)~24日(月・祝)

 

  • 時間 10:00~18:00

 

  • 会場 星野村総合福祉センター そよかぜ

         八女市星野村麻生10775の14

  • 主催 未来につなぐ星野村チャリティー絵画展実行委員会

 

アクセス

星野村総合福祉センター そよかぜ

八女市星野村麻生10775の14

 

スポンサーリンク

Facebookページ

現代国際巨匠絵画展~未来につなぐ星野村づくりをめざして~の詳細につきましては下記ボタンのリンク先よりFacebookページをご確認ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事