スザンヌがコメンテーターで来場!11/23、24は『卑弥呼の火祭り』♪

2018年11月23日(金・祝)、24日(土)の2日間、筑後市の九州芸文館で「祭りに帰ろう」をテーマに筑後七国の伝統ある祭りが一堂に会する『筑後七国卑弥呼の火祭り』が開催されます。

 

23日(金・祝)には福岡の深夜番組ドォーモなどでおなじみの中島浩二さんのトークショー、そして24日(土)にはスザンヌさんがコメンテーターをつとめます!

 

幼いころに手を引かれて連れて行ってもらった懐かしのお祭りが、九州芸文館に集合!

子供たちと、友人と、恋人と訪れてみませんか!!

 

イベントの概要

  • 日程:2018年11月23日(金・祝)、24日(土)
  • 時間:23日(金・祝)14時00分~19時30分
  •    24日(土)12時00分~

  • 会場:九州芸文館
  •     福岡県筑後市津島1131

内容

11月23日(金・祝)

第1部 開演14:00~ 会場:九州芸文館

◆柳川日吉太鼓《柳川日吉神社(柳川市)》

◆中島浩二トークショー

第2部 開演16:00~ 会場:筑後広域公園新設登り窯・舞台(舞堂)

◆旭座人形芝居「寿式三番叟」《旭座人形芝居保存会(八女市黒木町笠原)》

◆幸若舞「敦盛」《大江天満宮境内舞堂(みやま市瀬高町大江)》

◆三味線・ヴァイオリン・ピアノ演奏

 《三味線/安田勝竜、ヴァイオリン/藤松純子、ピアノ/上村貴子(福岡市・北九州)》

◆鬼の修正会 小松明・大松明点火《熊野神社(筑後市熊野)》

 (※川の駅恋ぼたる提供)

◆登り窯(初窯)点火

◆八女提灯がいざなう、卑弥呼を迎える一夜限りの「蛍灯路」現る。

◆女王からのメッセージ(今年の卑弥呼はなんと・・・!)

 ~伝統を次の世代につなぐために・・・~(初日19:30終演)

11月24日(土)コメンテーター:スザンヌ 会場:九州芸文館

◆大人形(ううにんぎょう)さん・大提灯(ううじょうちん)

 400年の歴史ある筑後の奇祭

 [うう人形の股をくぐれば無病息災の伝えあり]

 《八坂神社(みやま市瀬高町上庄)》

◆どんきゃんきゃん(廣田八幡神社神幸行事)

 《芳司広田八幡宮・本郷聖母宮(みやま市瀬高町本郷・文広)》

◆沖端水天宮舟舞台囃子

 《沖端水天宮(柳川市)》

◆柳河小学校特別クラブ子どもどろつくどん

 《三柱神社(柳川市)》

◆ドンドンカンカン(土橋八幡宮神幸行事)獅子舞

 《土橋八幡宮(八女市)》

◆トリニティ 演奏(熊本県)

 フラメンコ/林田紗綾、新箏/藤川いずみ、ピアノ作編曲/志娥慶香

◆風浪勝運太鼓 演奏

 《風浪宮(大川市)》

◆エンディングセレモニー

アクセス

筑後広域公園芸術文化交流施設 九州芸文館

〒833-0015 福岡県筑後市津島1131

℡0942-52-6435

【JR利用の場合】

・九州新幹線筑後船小屋駅下車(徒歩1分)

・JR鹿児島本線筑後船小屋駅下車(徒歩1分)

【バス利用の場合】

・西鉄筑後船小屋駅前バス停(徒歩1分)

 50番(船小屋・羽犬塚・高良台・久留米方面)

【車を利用の場合】

・九州自動車道 八女インター下車(インターから約10分)

・みやま柳川インター下車(インターから約15分)

【駐車場】

・総収容台数103台(車椅子用スペース3台含む)

・2時間無料(以降1時間毎に100円)

・営業時間8:30~21:30(休館日は利用できません)

※近隣にも有料駐車場あり

ホームページ

『筑後七国卑弥呼の火祭り』の詳細につきましては、下部ボタンのリンク先より九州芸文館のホームページでご確認ください。

 

 

 

 

関連キーワード
関連記事
記事の掲載依頼

ブログ『福岡県人』にて無料で記事の掲載依頼をお受け致します。

各種イベントの告知や新商品の案内、お店のPRなどに使ってみられませんか!

 

掲載を希望する方は下部ボタンをクリック!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう