スポンサーリンク

さて、前回の記事では医療費控除について書きましたが、今回は医療費控除の特例制度であるセルフメディケーション税制について書きたいと思います。

 

 

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション税制は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、薬局等で購入した対象となる市販薬(スイッチOTC医薬品)の年間購入額が1万2千円を超えた場合、その超えた金額(上限8万8千円)をその年分の所得金額から控除することが可能となる制度です。

 

ただし、従来の医療費控除制度と同時に利用することは出来ません。従来の医療費制度も対象となる場合には、どちらを適用するか対象者自身で選択することになりますので注意が必要です。

 

※スイッチOTC医薬品とは、医師によって処方される医療用医薬品から、ドラッグストアで購入できるOTC医薬品に転用された医薬品です。ただし、ドラッグストアなどで購入できる薬がすべてスイッチOTC医薬品というわけではありません。

対象になる人

セルフメディケーション税制の対象になるのは、所得税や住民税を納めていて、自分と扶養家族の分を合わせて、対象となるスイッチOTC医薬品の年間購入額が1万2千円を超えた人で、健康の維持増進や疾病予防への一定の取組を行っている人です。

一定の取組とは

  1. 保険者(健康保険組合、市区町村国保等)が実施する健康診査【人間ドック、各種健(検)診等】
  2. 市区町村が健康増進事業として行う健康診査
  3. 予防接種【定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種】
  4. 勤務先で実施する定期健康診断【事業主検診】
  5. 特定健康診査、特定保健指導
  6. 市町村が健康増進事業として実施するがん検診

※ただし、任意に受診した健康診査(全額自己負担)などは「一定の取組」に含まれませんので注意が必要です。

対象となる医薬品

対象となる医薬品は、例えばかぜ薬や胃腸薬、肩こりなどの貼付薬などがありますが、これらすべてが対象になるわけではありません。

 

対象になる医薬品には「セルフメディケーション税控除対象」などの目印が記載されている場合もありますが、すべてにこのような記載がされているわけではありませんので、購入の際にはお店の人に尋ねてみるといいですね。

 

対象となる商品には定番のこの薬も!

 

 

それから花粉症の季節には欠かせないこんな薬も!

 

また、セルフメディケーション税制の対象となる商品を買ったら、その領収証などに対象商品である旨の表示がされています。この領収証などは確定申告に必要になるため必ず保存しておかなければいけません。

 

ちなみに、基本的には領収証などを確定申告の際に提出する必要はありませんが、もちろん1年間でいくら買ったのかを知るためにも必要ですし、確定申告をする年の申告期限の翌日から5年間保存しておく必要があります。

控除を受けるための手続き

セルフメディケーション税制の控除を受けるためには、「セルフメディケーション税制の明細書」を作成し、確定申告書に添付しなければなりません。

 

併せて、セルフメディケーション税制の適用を受ける年分において一定の取組を行ったことを証明する書類も提出する必要があります。

一定の取組を行ったことを証明する書類例

一定の取組を行ったことを明らかにする書類には、次のようなものがあります。

  1. インフルエンザの予防接種又は定期予防接種(高齢者の肺炎球菌感染症等)の領収証又は予防接種済証
  2. 市区町村のがん検診の領収証又は結果通知表
  3. 職場で受けた定期健康診断の結果通知表
    ※結果通知表に「定期健康診断」という名称又は「勤務先名称」の記載が必要です。
  4. 特定健康診査の領収証又は結果通知表
    ※領収証や結果通知表に「特定健康診査」という名称又は「保険者名」の記載が必要です。
  5. 人間ドックやがん検診を始めとする各種健診(検診)の領収証又は結果通知表
    ※領収証や結果通知表に「勤務先名称」又は「保険者名」の記載が必要です。

 

3~5は、※印の記載のある領収証や結果通知表を用意できない場合は、勤務先又は保険者に一定の取組を行ったことの証明を交付してもらい、それを確定申告書に添付するか、確定申告書の提出の際に提示しましょう。

※結果通知表は、健診結果部分を黒塗りなどした写しでも差し支えないとされています。

※経過措置として、平成29年分から平成31年分までは、特定一般用医薬品等購入費の額を証明する書類、例えば領収書などを、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示することにより明細書の添付に代えることもできます。

おわりに

今回ご紹介したセルフメディケーション税制、まだまだ認知度が低いな~と思います。

薬品会社の人と話しても、当初期待していたほどの売り上げの伸びはないとか。

 

この制度を知らなかったという人は、来年以降も使えますのでご参考になればと思います。

ちなみに、この制度は平成29年分から5年間限定で行われる予定です。

もしかするとその後も続くかもしれませんね。

 

 

医療費控除、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、どちらも対象になっていたとしても両方つかうことはできません。

 

どちらか一方しか適用が受けることが出来ませんので注意しましょう!!

 

しかし!!

例えば、夫婦共働きで、その世帯の医療費、スイッチOTC医薬品の購入費、どちらも対象になるのであれば、例えば夫で医療費控除、妻でセルフメディケーション税制の適用を受けることができますのでよ~く確認してご判断を!!

 

 

確定申告期限は3月15日(金)です。

まだ時間はありますが1日、1日と近づいてきていますよ。

 

さあ、今日も節税のために勉強しましょう!!

 

スポンサーリンク
関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう