太宰府天満宮では2018年12月31日(月)に、知らず知らずのうちに犯した過ちや罪、病気や怪我などの穢れ(けがれ)を祓い清め、明日からの生活を明るく元気に過ごせるよう神様にお祈りする神事『大祓式(おおばらいしき)』が開催されます。

 

穢れ(けがれ)とは「気が枯れる」ということで、心身ともに弱くなった状態のことです。

罪やその枯れた気をお祓いし、元の元気な状態にして、一人一人が清々しい気持ちで明るく元気に毎日を過ごせるよう、また広くは私たちが生きるこの社会全体を祓い清め、世の中が平安でいつまでも栄えるようお祈りをささげられます。

 

「大祓式」は平安時代から続く公の神事で、一年を半分に分け、6月30日を「夏越しの大祓」、12月31日を「年越しの大祓」ともいい、日本全国の神社で同日に斎行されます。

 

太宰府天満宮の「大祓式」は、16時より楼門前の参道で神職とともに「大祓詞おおはらえのことば」を唱え、人の形をした「形代かたしろ」に罪穢れを遷して、浄火でお焚き上げし祓い清められます。

 

大祓い式の概要

  • 日程:2018年12月31日(月)
  • 時間:16時~
  • 場所:太宰府天満宮
  •     太宰府市宰府4丁目7番1号

  • 予約:不要
  • 問合せ:太宰府天満宮
  •      TEL092-922-8225(9時~17時)

太宰府天満宮へのアクセス

太宰府天満宮

太宰府市宰府4丁目7番1号

【西鉄電車】

・「太宰府天満宮駅」より徒歩5分

詳細のホームページ

太宰府天満宮『大祓式』の詳細につきましては、下部ボタンのリンク先より太宰府天満宮のホームページでご確認ください。

 

 

 

関連キーワード
関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう