2019年1月7日(月)、久留米市大善寺の玉垂宮で1600年余りの伝統があり、国の重要無形民俗文化財に指定され、日本三大火祭りの一つに数えられる『鬼夜』が開催されます。

 

「大善寺玉垂宮の鬼夜」は、大晦日の夜から正月7日まで行われる「鬼会(オニエ)」の最終日に行われる行事です。

 

1月7日は、「鬼面尊神渡御・還御」や「汐井汲み神事」「シオイカキ」といった神事後、21:00ころ、二番鐘が打たれた後に、暗闇の中、奥神殿から鬼火(大晦日の夜神官が燧石で取った御神火)が出て、一斉に大松明に点火されます。その後、燃え盛る大松明の前で「鉾面神事」が行われます。この「鉾面神事」は10分足らずと時間は短いのですが、古式にのっとった、赤・青の天狗による相克の「魔払い神事」で、鬼夜の起源を表すとも言われています。

 

 そして、いよいよ「大松明廻し」が始まります。長さ約13m、重さ約1.2tの「日本一」といわれる大松明6本が、紅蓮の炎を上げて燃え上がり、それを数百人の締め込み姿の氏子若衆が、「カリマタ(先が二又になった樫の棒)」で支えて、本殿を廻る様は圧巻です。その間、鬼は姿を隠したまま、シャグマの子供たちに囲まれて鬼堂(オニドウ)の周囲を7回半回ります。

 

 この鬼の堂回りが終わると、一番松明が「惣門くぐり」を行います。これは、一番松明だけの特権で、燃え盛る大松明が狭い惣門をくぐり抜ける様子も見事!

その後、鬼はシャグマの子供や棒頭に護られて、密かに汐井場で禊をし、神殿に帰ります。鬼が神殿に戻ると、明りが灯されるとともに、厄鐘が、7・5・3と打たれ、行事が終わります。

 

 大松明の火の粉をあびると無病息災といわれ、毎年、家内安全、災難消除、開運招福を祈願する多くの方々で賑わっています。

※大松明は直径約1m、長さ約13m、重さ約1.2トンで、大善寺町の住民が毎年1月4日の午前中に作りあげています。

※「鬼会」は、大晦日の夜に 燧石(ヒウチイシ)でとった御神火を神殿に灯し、神官が斎戒沐浴して七日七晩守り続け、天下泰平・国家安穏・五穀豊穣・家内安全・災難消除の祈願をする行事です。

― 鬼夜の由来 ―
鬼夜は、『吉山旧記』によれば仁徳天皇五六年(三六八年)一月七日、藤大臣(玉垂命)が勅命により当地を荒し、人民を苦しめていた賊徒・肥前国水上の桜桃沈輪(ゆすらちんりん)を闇夜に松明を照らして探し出し、首を討ち取り焼却したのが始まりだと言われています。 毎年一月七日の夜に行う追儺の祭事で、千六00年余りの伝統があり、松明六本が境内を巡る火祭りです。平成六年(一九九四年)には国の重要無形民俗文化財に指定され、日本三大火祭りの一つに数えられています。

 

鬼夜の概要

  • 日程:2019年1月7日(金)
  • 時間:19時30分より鬼夜行事開始
  • 場所:大善寺玉垂宮
  •     久留米市大善寺町宮本1463-1

  • 問合せ:大善寺玉垂宮社務所
  •      ℡0942-27-1887

主な鬼会行事

◆元旦・・・歳旦祭、獅子舞、開運福引き他
◆4日・・・大松明つくり
◆7日・・・13:00~16:00 鬼面尊神の神事
      19:00すぎ頃   裸のタイマワシ境内参集~シオイカキ
      21:00すぎ頃 大松明に点火~鉾面神事
      22:00すぎ頃 一番松明惣門くぐり
      23時00分頃 大松明消え祭り行事終了

アクセス

大善寺玉垂宮

久留米市大善寺町宮本1463-1

◆西鉄大善寺駅より徒歩約5分

ホームページ

大善寺玉垂宮『鬼夜』の詳細につきましては、下部ボタンのリンク先より大善寺玉垂宮のホームページでご確認ください。

 

関連キーワード
関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう