医療費控除については、以前記事にしましたが、今回は医療費控除をするにあたって間違いがないようにするために要注意項目を記載します。

 

以前の記事はこちら👇

 

そもそも医療費控除は

 

(その年に支払った医療費の総額)―(保険金などで補填される金額)―(総所得金額等の合計額の5%相当額と10万円のいずれか少ない方の金額)=医療費控除額(200万円限度)

という計算式になります。

 

 

間違いに注意!その①

 

もう1年くらい寝たきりなってしまっておむつを使わなければならんのじゃが、このおむつ代を医療費控除するには、毎年お医者さんから「おむつ使用証明書」をもらう必要があるんじゃろ?

bethune
おむつ代を医療費控除するのが2年目以降の方は、必ずしもお医者さんの「おむつ使用証明書」が必要とはなっていません。市町村長が交付する「おむつ使用の確認書」や主治医意見書の写しを添付すれば良いとされています。

間違いに注意!その②

最近耳が遠くなってきて孫との会話もままならなくなったもんじゃから、補聴器を買ってみたらよう聞こえるようになったわい。おかげで孫との会話が楽しくてしょうがない。

ところでこの補聴器代は医療費控除できるんじゃろ?

bethune
補聴器に限らず、義手、義足、松葉づえなどの購入費用が医療費控除の対象となるのは、医師等の診療等を受けるために直接必要な場合に限られるとされています。

ですので、医師等の診療等に関係なく補聴器を購入した場合には、医療費控除の対象とはなりません。

間違いに注意!その③

僕アトピー性皮膚炎で、お医者さんから言われて、お家でアトピー用の粉ミルクや自然食品で食事療法をしてもらってるんだ。

この場合、お医者さんからの指示だから、粉ミルクや自然食品の代金は医療費控除の対象でいいんだよね?

bethune
残念だけど医療費控除の対象にはなりません。

自宅で行う食事療法のためのアトピー用の粉ミルクや自然食品等の購入費用は、治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価には当たらないし、医師による診療等を受けるため直接必要な費用にも当たらないので、医療費控除の対象とはなりません。

間違いに注意!その④

ついに昨年うちにも待望の赤ちゃんを授かりました。
1日1日成長していく我が子が愛おしくてたまりません。

ところで、出産の費用って結構かかったんですよね。
総額で50万円近く払ったんですよ。
これって医療費控除できるんですよね?

bethune
ちょっと待ってください。
出産費用で50万円払われたっていうことですが、出産育児一時金はもらってますよね?

これは、医療費控除の計算式にもあったように「保険金などで補填される金額」に当たりますので支払った50万円から出産育児一時金でもらった金額を差し引く必要がありますよ。

他にも、病気などの入院により高額な支払いをしても、高額療養費で戻ってくる分がある場合にはそれを差し引く必要があります。

しかし、出産の際に健康保険から支給される出産手当金や病気などで長期療養が必要になった場合などに健康保険から支給される傷病手当金は「補填金」には当たりませんので差し引く必要はありません。

間違いに注意!その⑤

昨年、ちょっとショックなことがありまして.....。
実は私、がんを宣告されたんです。
でも初期だったので投薬治療で治りそうなので安心しました。

ところで、がん保険に入っていたので、がん診断給付金100万円をもらいました。
これって保険金などで補填される金額にあたるから、治療費などから差し引いて医療費控除をすることになるんですよね?

bethune
がんは今、2人に1人がかかる時代と言われていますが、まさか自分が.....って思いますよね。
でも同時に医療技術の進歩とともに発見が早ければ治る確率も相当上がるみたいですね。

ご質問の件ですが、結論から言うと「保険金などの補填される金額」には当たりません。

がんと診断されたことで給付されるわけですから、医療費の補填を目的とする保険金には当たらないと解されます。

終わりに

以上、医療費控除で間違えやすいポイントを上げてみました。少しは役に立ちましたでしょうか?

 

無知は損です。

かしこく知識を身につけて、節税に努めましょう!

 

確定申告の期限は3月15日(金)です!!

あわせて読みたい
関連記事
記事の掲載依頼

ブログ『福岡県人』にて無料で記事の掲載依頼をお受け致します。

各種イベントの告知や新商品の案内、お店のPRなどに使ってみられませんか!

 

掲載を希望する方は下部ボタンをクリック!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう