大野城心のふるさと館×大野城まどかぴあ 連携企画「佐田 玲子 ミニトーク&コンサート」

2019年3月6日(水)、大野城心のふるさと館×大野城まどかぴあ 連携企画「佐田玲子 ミニトーク&コンサート」が大野城心のふるさと館で開催されます。

 

玲子さんの楽しいおしゃべりと、「ふるさと」への想いのこもった歌声が、心のふるさと館に響き渡ります。 「笑顔」と「癒やし」のひとときを、どうぞお楽しみください。

 

佐田 玲子(さだ れいこ、1957年5月7日 - )は、日本の女性歌手、シンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。

芸能プロモーター・佐田繁理と歌手・さだまさしの妹である。長崎県長崎市出身。「白鳥座」の頃はさだれい子、ソロデビュー前の一時期はREIKOとしていた。

1981年、長兄のまさしがプロデュースしたユニット「白鳥座」のメンバーとしてデビュー、1984年には『銀河漂流バイファム』に「ムーヴ」として白鳥座がサントラ盤に参加した後、1989年に「くらやみ乙女」(作詞・作曲:中島みゆき)でソロデビューし、現在に至っている。

デビュー前から長兄のまさしがコンサートのトークで顔立ちが似ていることを話題にし、また次兄の繁理を含めて実際似ているために白鳥座初期には「兄と瓜二つならぬ『瓜四つ』」と自虐ネタにしていた。

2005年より、沢田聖子とユニット「THE 4/9」(ザ・フォーク)を結成し、精力的に活動中。また、兄同様喋りにも長けており、TBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』[1]のアシスタントや自身がパーソナリティを務める番組など、ラジオにも出演している。東海ラジオ『宮地佑紀生の聞いてみや〜ち』でもたびたびゲスト出演していた。

長兄のヒット曲「雨やどり」「秋桜」「親父の一番長い日」は、玲子を念頭に置いて作られたという。長兄が妹の結婚を主題にした実際の玲子自身は独身のままである。

前述の『大沢悠里のゆうゆうワイド』の初出演は2001年7月17日[1]。

イベントの概要

  • 日程:2019年3月6日(水)
  • 時間:16時~17時
  • 会場:大野城心のふるさと館 1階 ジョーホール
        〒816-0934 大野城市曙町3丁目8-3
        ℡092-558-5000
  • 観覧料:無料

会場へのアクセス

大野城心のふるさと館 1階 ジョーホール
〒816-0934 大野城市曙町3丁目8-3
℡092-558-5000
【アクセス】
◆西鉄
 ・福岡(天神)駅から春日原駅まで快速約13分
 ・西鉄春日原駅より徒歩約12分
◆JR
 ・博多駅から大野城駅まで快速約13分
 ・JR大野城駅よりコミュニティバスまどか号、大野城ルート乗車「まどかぴあ」下車すぐ
◆車
 ・九州自動車道太宰府IC大野城方面出口より約6分

大野城心のふるさと館 公式サイト

『佐田玲子 ミニトーク&コンサート』の詳細は、こちら👇をクリックしてご確認を!

大野城心のふるさと館 公式サイト
あわせて読みたい

 

 

関連記事
記事の掲載依頼

ブログ『福岡県人』にて無料で記事の掲載依頼をお受け致します。

各種イベントの告知や新商品の案内、お店のPRなどに使ってみられませんか!

 

掲載を希望する方は下部ボタンをクリック!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう