スタジオジブリの設立から30年間の歩みを体感できる特別企画展『ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~』が2019年3月15日(金)~2019年6月23日(金)まで、福岡市博物館で開催されます。

 

「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、これまでのジブリ作品がどのように生み出され世に出て行ったのか。会場では当時を振り返るポスターやチラシといった広報宣伝物を中心に、制作資料、企画書など未公開のものを含む膨大な数の資料が所狭しと展示され、その空間を圧倒します。

 

それぞれの作品の公開当時が鮮やかによみがえる、ジブリのもう一つの物語です。

イベントの概要

  • 日程:2019年3月15日(金)~6月23日(日)
       ※休館日は毎週月曜日
       ※ただし、4/29と5/6は開館。5/7休館。
  • 時間:9時30分~17時30分
       ※入場は17時まで
  • 会場:福岡市博物館 特別展示室
        福岡市早良区百道浜3-1-1
  • 料金:一般・大学生 1,400円(1,200円)
       中学・高校生 1,000円(800円)
       4歳~小学生   600円(400円)
       ※()内は前売り・20人以上の団体料金。
       【チケット発売中】
        ★チケットぴあ Pコード:769-409
        ★ローソンチケット Lコード:81234
        ★イープラス
        ★セブンチケット
  • 問合せ:ジブリの大博覧会 福岡展実行委員会
         TEL092-532-1111

イベント内容

  • スタジオジブリへようこそ「トトロ・バー」
    スタジオジブリの打ち合わせスペースを再現。
    大きなトトロのぬいぐるみがお出迎え!
  • 貴重なグッズを展示「ジブリの倉庫」
    映画の宣伝のために作られたさまざまな宣伝材料、貴重なグッズを展示!
    天井まで所狭しと並ぶ空間は圧巻!
  • 貴重な資料や原画を公開「ポスタールーム」
    スタジオジブリがこれまで世に送り出した、映画ポスター、ポスター原画、キャッチコピー案のメモなどびっしり展示。これまで一般公開されてこなかった貴重な資料や原画など、スタジオジブリ30年の歩みが凝縮されています。
  • スタジオジブリの空飛ぶ機械達
    「紅の豚」や「風立ちぬ」などジブリ作品に登場する空飛ぶ機械を展示。
    「天空の城ラピュタ」に登場する「空飛ぶ巨大な船」は動く模型で再現。
    まるで生き物のように躍動する姿は、ジブリの”空への憧れ”へのこだわりを感じさせます。
  • 大人気「ネコバスコーナー」
    子どもから大人まで大人気な「となりのトトロ」に出てくるネコバスを再現!
  • オリジナルグッズを販売
    「ジブリ大博覧会」オリジナルグッズをはじめ、福岡展でしか手に入らない限定商品も発売。
  • ※商品の数に限りあり。

会場へのアクセス

福岡市博物館
〒814-0001 福岡市早良区百道浜3-1-1
TEL092-845-5011
【アクセス】
◆市営地下鉄
 「博多駅」から約13分、「天神駅」から約7分
 「西新駅」下車、1番出口より徒歩約15分
◆西鉄バス
 《博多から》博多バスターミナル1F5・6番のりばから約25分
 《天神から》天神高速バスターミナル前1Aのりばから約20分
 「博物館北口」、「福岡タワー南口」、「博物館南口」下車徒歩約5分

関連サイト

「ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~」の詳細は、こちら👇をクリックしてご確認を!

 

 

記事の掲載依頼

ブログ『福岡県人』にて無料で記事の掲載依頼をお受け致します。

各種イベントの告知や新商品の案内、お店のPRなどに使ってみられませんか!

 

掲載を希望する方は下部ボタンをクリック!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう