くるめ日吉神社 観月の宴【久留米】月の神様を祀る神社でお月見

2019年9月15日(日)、月の神「月読命(つきよみのみこと)」をお祀りする久留米市日吉町の”久留米宗社 日吉神社”において「観月の宴」が開催されます。

 

平安の世からずっと、人々が愛してやまない「中秋の名月」。今年は9月13日の月がこれにあたり、翌14日が満月となります。

 

観月の宴では、神職による月神様のお話と、境内の月読宮への一斉参拝を行なった後に、音楽ライブが行われます。癒しの音として知られる「沖縄三線」と、チベット仏教の道具である「シンギングボウル」を用いた演奏をお楽しみください。

 

また、参集殿では、ハンバーガー専門店「MALIBU」のお月見バーガー・COFFEE COUNTYのコーヒーが販売されます。

 

神社という特別な空間で秋の真ん中に出るこの美しい月と音楽を、月の神様がおられる神社で眺めてみませんか!

イベント概要

  • 日程:2019年9月15日(日)
  • 時間:17時30分〜21時予定
  • 料金:入場無料
       ※飲食代は有料
  • 会場:「久留米宗社 日吉神社」
        〒830-0017 久留米市日吉町106
        TEL0942-32-3770
       【アクセス】
        ・西鉄久留米駅西口より徒歩7分
        ・西鉄バス 日吉町停留所より徒歩1分
        ・久留米ICより車で約10分

イベント内容

  • 17:30〜 神社境内の月読宮にて、神職とともに一斉参拝
  • 18:30〜 参集殿にて音楽ライブ スタート
    (1部)18:30〜19:00 沖縄三線
        19:00〜19:30シンギングボウル
    (2部)19:30〜20:00 沖縄三線
        20:00〜20:30 シンギングボウル

演奏者紹介

まりりん

三線弾き語り奏者・神社仏閣ライター。
八重山民謡の師の元で三線と唄を学びながら、神社仏閣を中心に音楽イベントを企画・出演している。
自身が企画したこの観月の宴では、キーボードとともに沖縄の曲や映画音楽、オリジナル曲を披露する予定。

たかおきょうこ

シンギングボウル奏者・ヨガインストラクター。
仏壇のおりんの原型のチベット仏教の道具シンギングボウルを奏でながら、インドの古い歌(マントラ)を歌うシンギングボウル奏者。
神社仏閣で奉納演奏、施設へ慰問演奏などを行なっている。

久留米宗社 日吉神社 公式サイト

「くるめ日吉神社 観月の宴」の詳細は、こちら👇をクリックしてご確認ください。

 

あわせて読みたい
関連キーワード
関連記事
記事の掲載依頼

ブログ『福岡県人』にて無料で記事の掲載依頼をお受け致します。

各種イベントの告知や新商品の案内、お店のPRなどに使ってみられませんか!

 

掲載を希望する方は下部ボタンをクリック!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう