崖下で男性の遺体発見【八女市】事件・事故の両面で調査

福岡県警八女署によると、昨日9月2日(月)午後、八女市上陽町の女性(76)から「主人が経営している上陽町の飲食店の片付けに行ったまま昨日から帰ってこない」と110番通報があり、付近を捜索した警察官が、通報から約40分後、店先の崖の約40メートル下の沢で男性(81)の遺体を発見しました。

 

崖の斜面には、男性が履いていたスリッパや携帯電話、鎌などが散乱する形で見つかり、警察では、松門さんが崖から転落したとみて、事件・事故の両面で、死因や転落した原因を調べています。

 

関連記事
記事の掲載依頼

ブログ『福岡県人』にて無料で記事の掲載依頼をお受け致します。

各種イベントの告知や新商品の案内、お店のPRなどに使ってみられませんか!

 

掲載を希望する方は下部ボタンをクリック!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう