大川市の中学校教諭を逮捕【福岡県警博多署】覚せい剤取締法違反の疑い

福岡県警博多署は、11月15日(金)午前4自頃、福岡市博多区の路上において、車内でポリ袋に入った覚醒剤約0・5㌘を所持していたとして、大川市立三又中学校の男性教諭(55)覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕しました。

 

同署によると、男性教諭は「自分で使う目的で持っていた」と容疑を認めているということです。

 

県警自動車警ら隊が、ナンバー灯が消えたまま走行している容疑者の普通乗用車を発見し、職務質問したところ、車中にあったバッグの中から覚醒剤と注射器が見つかったということです。

 

 

関連記事
記事の掲載依頼

ブログ『福岡県人』にて無料で記事の掲載依頼をお受け致します。

各種イベントの告知や新商品の案内、お店のPRなどに使ってみられませんか!

 

掲載を希望する方は下部ボタンをクリック!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう