写真はイメージです
写真はイメージです

11月29日(金)20時頃、大牟田市平原町の市営住宅で、駐車場に停めていた車が荒らされているのを住民の57歳男性が発見。車の周囲を見回っていたところ陰に潜んでいた男が住民の男性を突き飛ばして逃走しました。

 

警察によると、逃走した男は年齢20歳くらいで身長170センチ、やせ型で黒いニット帽をかぶり黒いジャンパーを着ていたということです。

 

なお、突き飛ばされた男性にけがはありませんでした。

 

警察は事後強盗の疑いで男の行方を追っています。

大牟田市平原町の市営住宅近隣地図

大牟田警察署 公式サイト

 

 

事後強盗とは

事後強盗罪(じごごうとうざい)は、刑法238条によって規定される犯罪。窃盗犯が、財物の取り返しを防ぐため、逮捕されることを免れるため、または、罪証隠滅のために、暴行・脅迫をすることを内容とする。強盗として処断される。

なお、ドイツ刑法には似た犯罪類型として強盗的窃盗罪 ( Räuberischer Diebstahl ) が規定されている。

SNSの声

あわせて読みたい
関連記事
記事の掲載依頼

ブログ『福岡県人』にて無料で記事の掲載依頼をお受け致します。

各種イベントの告知や新商品の案内、お店のPRなどに使ってみられませんか!

 

掲載を希望する方は下部ボタンをクリック!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう