豚骨ラーメン博多一幸舎「麺祭り2020」”味噌の陣” 各店の職人がプライドをかけて挑むラーメンバトル!

2020年1月14日(火)〜2月14日(金)の期間、博多一幸舎の各店(一部店舗を除く)において、「麺祭り2020」が開催されます。

 

博多一幸舎で不定期に開催される「麺祭り」は、各店舗のオリジナル麺が期間限定で楽しめる人気のイベント。今回は「味噌」をテーマに13店舗が参加し、今しか食べることのできない一杯を各店毎に楽しめます。

【麺祭り実施店舗】
≪福岡県≫
総本店・博多デイトス店・西中洲店・空港南店・中洲店・福岡空港国内ターミナル店・博多一番街店・マークイズ福岡ももち店・博多ラーメンセンター源龍
≪大阪府≫
エキマルシェ大阪店
≪京都府≫
京都拉麺小路店
≪東京都≫
ららぽーと立川立飛店・東京キッテグランシェ店

 

<商品紹介>価格は全て880円(税込)

【総本店】博多・泡味噌ラーメン
【福岡空港国内ターミナル店】味噌バターまぜそば
【博多一番街店】ゴマ味噌担々麺
【博多デイトス店】トリプル味噌バターラーメン
【西中洲店】味噌まぜそば
【空港南店】味変!?味噌とこ豚ラーメン
【マークイズ福岡ももち店】札幌風味噌ラーメン
【中洲店】愛情味噌らーめん
【博多ラーメンセンター源龍 博多本店】海老味噌とんこつラーメン
【京都拉麺小路店】京風白味噌泡豚骨
【エキマルシェ大阪店】味噌バター豚骨
【東京キッテグランシェ店】海老薫る博多味噌ラーメン
【ららぽーと立川立飛店】野菜たっぷり!炙(あぶ)チー味噌ラーメン

 

<社内品評会の開催>
今回の「麺祭り2020」の開催に先立ち、2019年11月に博多一幸舎初の社内品評会が開催されました。「味噌」をテーマに各店舗のラーメン職人たちが創作麺を作り上げ、 一幸舎の創業者 吉村幸助氏を始め、ラーメン評論家の山路力也氏や、 博多の人気ラーメン店「博多一双」より店主の山田晶仁氏を招いて審査が行われ、 創作技術に初めて順位がつくイベントとなりました。
第1回目の優勝は「京都拉麺小路店」が獲得。11月の品評会出品後、各店では「麺祭り2020」の開催にむけて創作麺に改良が加わり、より満足いただける商品になっているということです。

 

<SNS投稿プレゼントキャンペーン>

国内13店舗で楽しむことができる「麺祭り2020」では、 TwitterやInstagramを投稿すると、 ラーメン券が当たるプレゼントキャンペーンを同時開催いたします。
本キャンペーンにTwitterもしくはInstagramでご参加いただいた皆様から抽選で、『お好きなラーメン1杯無料orお土産ラーメン引換券』を 30名様にプレゼント致します。
【応募期間】
2020年1月14日(火)〜2月14日(金)23時59分まで
【応募方法】
一幸舎の公式Twitterアカウント(@hakata_ikkousha) または公式Instagramアカウント(@hakataikkousha)を フォローしてください。ハッシュタグ「#麺祭り2020」をつけて、各店舗の麺祭り限定メニューを撮影し、TwitterまたはInstagramで投稿してください。お電話やハガキ、封書でのご応募は受付けておりません。投稿はお一人様何回でも可能です。

 

<博多一幸舎について>
博多一幸舎は、2004年に福岡県福岡市中央区大名で開業し、 創業者の吉村幸助が『どこにもない、どこにも属さない、 本物の豚骨ラーメンを追及したい』という想いから試行錯誤の末に誕生。 翌年の京都出店を機に、本物の博多豚骨ラーメンと共に 『博多』も感じられる店づくりを目指し、 ラーメンの技術だけでなく、博多の歴史、文化を知る 本物のラーメン職人の育成に 力を注いでいる。 2011年のインドネシア出店を皮切りに、海外展開が加速。 現在はアメリカ、中国、オーストラリア等10か国47店舗が営業中。 博多で修業した職人たちが、現地で博多と同じ味、同じサービスが 提供できるよう腕を振るい、現地スタッフの育成にも力を入れる。

 

こんな記事も
記事の掲載依頼

ブログ『福岡県人』にて無料で記事の掲載依頼をお受け致します。

各種イベントの告知や新商品の案内、お店のPRなどに使ってみられませんか!

 

掲載を希望する方は下部ボタンをクリック!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう